スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性管理職育成の鍵 子育て・出産との両立支援 仕事への意欲伸ばす工夫(産経新聞)

 企業の女性管理職が増えない。その理由の一つに、管理職候補としてキャリアを積む時期が出産や子育てと重なり、先々のキャリア形成に見通しが立てにくい事情がある。両立支援の一方で、「子育て後」のキャリア形成も視野に仕事への意欲をいかに伸ばすか。この課題を乗り越えようとする取り組みを探った。(津川綾子)

                   ◇

 ◆まずは意思表明を

 「あなたのキャリアプランの阻害要因を左側に、解決策は右側に書いてください」

 5月、都内で行われた人材サービス「マンパワー・ジャパン」(横浜市西区)の研修会場。「時短勤務が難しい」「(出産など)転換期の不安」「家庭との両立」…。30代前後の女性社員22人が模造紙に次々と書き込んだ。

 女性管理職を増やそうと、同社が今年始めた「ロールモデルセミナー」。ある場面では、悩みを抱えた女性社員を前に、2歳の息子を持つ田中直美・首都圏西統括部長(39)が「今は現実的でなくても自分で管理職になりたいかを決め、意思表明して」と語りかける。一方で、「(管理職をこなすには)家族かベビーシッターなど誰かの手を借りるのが必要」との現実も示した。

 セミナーの狙いは、女性社員の管理職への動機付けだ。同社は女性管理職数をこの先1~2年で5%増やしたいという。社内業務改善プログラム担当の井桁(いげた)光一郎さんは「女性は出産など転換期があり、管理職を目指そうと踏み切れない。女性管理職と語り、活躍する姿を見て意欲が高まれば」と期待する。参加した大須賀彩さん(35)は「両親が近くにいない場合、子育てをしながら管理職に、というのは難しい気がした。田中部長の話で前向きにもなれた」。

 ◆企業内風潮見直しを

 女性管理職が多く、「ポジティブ・アクション」(女性社員の活躍推進)の先進企業として知られるベネッセコーポレーション(岡山市)は課長以上の管理職の32・5%(平成22年度)が女性で、女性管理職の3人に1人がワーキングマザーだ。

 そんな同社も「将来的にどんな仕事を担うのか。子育て中は仕事がペースダウンし成果を出しにくいが、その間も社員自身が意識を高め、計画を立てておく必要がある」(池田和・ワークライフマネジメント推進担当課長)と課題がある。そのため、昨年10月には妊婦・ワーキングマザーがキャリアプランを考える場として月に1度、ランチタイムに集まる機会を設けた。今後はワーキングマザー社員対象にメンター(助言者)を充てる制度も構想中だ。

 日本で管理職のうち女性の比率は10・6%(21年の労働力調査)。徐々に高まりつつあるが、仏独(37・9%)やシンガポール(30・5%)と比べると低調だ。このため、政府の男女共同参画会議の「基本問題・計画専門調査会」は今年4月、女性の管理職や役員登用の数値目標を、第3次男女共同参画基本計画に盛り込むよう提案した。

 しかし、実現には個々の企業努力しかない。池田課長は「女性社員の意欲や動機を高める取り組みのほか、接待ができるなどの付き合いの度合いや、長時間残業で挙げた成果が評価されるといった企業内風潮を見直さないと女性の活躍は広がらない」と指摘した。

                   ◇

 ■管理職の理解も課題

 女性管理職を増やす鍵は女性社員の意欲向上だけではない。昨夏、日本生産性本部(東京都渋谷区)が129社の人事担当者らに行った調査では、管理職の理解も課題に挙がった。同本部の長谷川真理ダイバーシティ推進室長は「女性部下は難しい課題を敬遠するとの思い込みから、与える仕事に男女差をつけている可能性がある。企業トップや管理職も意識を変えて」と訴える。

新首相動静(6月8日)(時事通信)
<3人死亡>心中か 車内で女性と男児 秋田・横手(毎日新聞)
中国大使館侵入男、ウアルカイシ容疑者と確認(読売新聞)
民主党の玄葉氏も菅氏支持 (産経新聞)
生活困窮者を先手“囲い込み”大阪の4市「囲い屋」撃退へホテルと提携(産経新聞)
スポンサーサイト

野党4党、きょう横路議長不信任案提出(産経新聞)

 自民、公明、みんな、たちあがれ日本の野党4党は1日午後、郵政改革法案について与党に過剰な配慮をしたとして、衆院に横路孝弘衆院議長に対する不信任決議案を提出する。

 郵政改革法案は、衆院総務委員会で1日間だけの審議で採決され、野党側は「審議が不十分だ」として横路議長に法案を同委に差し戻すよう要求。横路議長はこれに応じず、5月31日に衆院本会議で採決した。

 自民党は2月にも議長不信任案を提出し、与党の反対多数で否決されている。同一会期内に同じ案件を扱わない「一事不再議」の慣例から、決議案は採決されない見通しだ。

【関連記事】
野党の訴えことごとく無視…慣例崩す強行採決 審議わずか6時間 郵政法案
郵政法案 強行採決で衆院通過 野党4党、横路議長の不信任案提出へ
郵政採決、郵貯限度額2千万円も強行突破!? 肥大化まっしぐら
原口総務相「リーダー変えると、また堂々巡り」退陣論出る首相を擁護
【鳩山政権考】政権の視線はどこに?

申込者数20.3%増に=国家II種試験(時事通信)
「10億円はFXに使った」 着服の近鉄ビルサービス元社員を起訴(産経新聞)
<御殿場女性遺体>殺人容疑で元夫を再逮捕(毎日新聞)
普天間移設問題、政府対処方針の全文(読売新聞)
学生1400人の情報流出=教授がUSBメモリー紛失―関西大(時事通信)

主婦の55.8%は「新聞を読んでいない」(Business Media 誠)

 新聞を読んでいる主婦はどのくらいいるのだろうか。MMD研究所の調査によると、新聞を「全く読んでいない」主婦は55.8%に達していることが分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 「興味のある記事・コーナーのみ」という人は25.7%、「全部」は10.0%、「テレビ欄のみ」は7.5%だった。ちなみに「自宅で新聞をとっている」という人は44.5%。

 雑誌を月に何誌くらい読んでいますか、と聞いたところ「全く読んでいない」と答えた人が最も多く36.7%。このほか「1誌」と答えた人が30.0%、「2誌」が19.1%、「3誌」が8.7%だった。「4誌以上」で見てみると、わずか5.5%という結果に。

 主婦の間では“紙離れ”が進んでいるようだが、ネットを利用している人はどのくらいいるのだろうか。携帯サイトへの利用状況を聞いたところ「毎日」と答えた人は91.8%にも達した。1日の接触時間は「1~2時間」が21.7%、「2~3時間」が21.3%だった。

 携帯サイトを利用している主婦は多いようだが、PCを使ってネットを見ている人はどのくらいいるのだろうか。仕事での利用を除き「毎日PCを使って、Webサイトへアクセスしている」という人は11.2%。1日の接触時間は「1~2時間」が29.6%、「30分~1時間」が25.2%。一方「Webサイトにはアクセスしない」という人は47.2%と、携帯サイトへの接触と大きな差が開く結果となった。

 インターネットによる調査で、主婦769人が回答した。調査期間は4月28日から5月16日まで

【関連記事】
20~49歳の男性に聞く、新聞を読まない理由
将来の新聞の役割についてどう思う? 世代によって違い
電子書籍はニホンでも普及するのか
どうなる? 紙メディア特集

雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)
「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)
口蹄疫感染拡大で動物用消毒薬に注文殺到、在庫切れの恐れも(カナロコ)
省エネ大賞・新エネ大賞は廃止…仕分け第2弾(読売新聞)

中3女子生徒が自殺か「友達ができない」(読売新聞)

 12日午前11時40分頃、東京都文京区向丘の都道沿いにある公衆トイレの個室内で、制服姿の少女が首をつっているのを清掃員の男性が発見し、110番した。

 少女は同区立中3年の女子生徒(15)で、病院に搬送されたが、死亡が確認された。外傷はなく、警視庁駒込署は自殺とみて調べている。

 同署幹部によると、女子生徒は11日に学校から帰宅した後外出したまま戻らず、家族が12日朝、同署に捜索願を出していた。

 自室にあったノートに「友達ができない」「死にたい」などの走り書きがあったという。

 文京区教育委員会によると、女子生徒は12日も登校していなかった。同区教委は、現時点ではいじめなどのトラブルがあったとの情報はない、としている。

デジモン・シール架空発注、8600万詐取容疑(読売新聞)
皇后さまが赤十字大会に(時事通信)
酔って小学校で暴言、市議リコールの投票告示(読売新聞)
移設決着期限で首相「5月末は国民への約束」(読売新聞)
徳之島3町長に理解求める=鳩山首相(時事通信)

<真田幸村>勇将しのび初の戦勝祈願祭 大阪・志紀長吉神社(毎日新聞)

 大坂夏の陣で散った戦国武将、真田幸村が戦勝を祈って軍旗を奉納した大阪市平野区の志紀長吉(しきながよし)神社で来月4日、軍旗奉納の様子を再現する「戦勝祈願祭」が初めて開催される。神社に残る軍旗も特別公開。幸村は知略に秀でた悲劇の武将として根強い人気を誇る。神社側は「来年以降も開催し、地元を盛り上げたい」と意気込む。祈願祭は4日午後1時から。

 祈願祭を企画したのは、幸村の部隊を模して赤い鎧(よろい)姿で大阪城を清掃する大阪府藤井寺市のNPO法人「大阪城甲冑(かっちゅう)隊」。代表の河井計実(かずみ)さん(47)が提案し、神社も快諾した。

 幸村は慶長20(1615)年5月6日、河内国道明寺村(現藤井寺市)での戦いから大阪城に戻る途中、戦勝を祈願して、神社に軍旗と刀剣を奉納したとされる。神社が代々、保管してきた軍旗は麻製で縦約2.5メートル、横約30センチ。真田家のシンボル、六文銭の図柄が描かれている。大坂の陣で、徳川家の大軍に立ち向かって奮闘した幸村は、軍旗を奉納した翌日、天王寺方面の戦闘で討ち死にした。

 祈願祭では、手作りの甲冑を着た大阪城甲冑隊の約30人が参道を行進。幸村役の河井さんが本物を模した軍旗を奉納する。河井さんは「幸村公の軍旗が残っているとは驚き。地域活性化につなげたい」。神社の鈴木理美宮司も「神社の宝物である軍旗をぜひ見てほしい」と話している。【阿部弘賢】

 【ことば】真田幸村(1567~1615) 武田信玄の家臣で信州・上田城主、真田昌幸の次男。本名は信繁だが、死後の史料で幸村と表記されることが多くなった。大坂冬・夏の陣で不利な豊臣方につき、奮闘したが討ち死にした。知略の名将で知られ、2倍の大軍の徳川軍に勇猛果敢に戦いを挑んだ。

【関連ニュース】
掘り出しニュース:戦国EXPO:戦国時代にタイムスリップ
五月の節句展:「戦国武将」テーマに--飯塚で22日から /福岡
長浜浪漫パスポート:戦国浪漫を楽しんで 観光施設入館料が割安に /滋賀
ウオッチング’10:武将にふんし激突 笛吹で川中島合戦戦国絵巻 /山梨
戦国EXPO:戦国時代にタイムスリップ--南魚沼 /新潟

店舗兼住宅で朝火事、中1が死亡 大阪・城東区(産経新聞)
路上の女性遺体は29歳ホテル従業員 茨城・日立、殺人容疑で捜査(産経新聞)
「もう5年もたったよ」=事故現場、遺族ら献花-通過列車で合掌の客も・福知山脱線(時事通信)
児童ポルノ販売容疑、男女5人逮捕=DVD8万枚を押収-広島県警(時事通信)
ブランド品で児童労働減らそう=無償提供呼び掛け、海外支援-NGO(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。